2008年10月16日

023【埼玉県1部】「更なる一押しを作るモノ」(2008年度埼玉県社会人サッカーリーグ1部第14節/10月5日/飯能セポジータス vs. AVENTURA KAWAGUCHI/埼玉スタジアム2002第4グラウンド)

 関東社会人サッカー大会の日程も発表され、いよいよ関東リーグ2部を目指した戦いの幕が切って落とされる。今回は埼玉県代表の最後の出場権を争った試合をレポートする。試合は10月5日と時間が経ってしまっているが、お付き合いいただければ幸いだ。


 この日、埼玉県1部は最終節を向かえていた。埼玉県から関東社会人サッカー大会への出場枠である4つのうち、上位3つはパイオニア川越、坂戸シティー、浦和レッズアマが確保。最後の一つを争うのは4位のアヴェントゥーラ川口と5位の飯能セポジータス。
 両チームの勝点差はわずかに1。引き分け以上でアヴェントゥーラ川口の4位が決定する。飯能セポジータスとしては関東社会人サッカー大会への出場権を獲得するには勝つしかない試合だ。
 前回の対戦では1−2で飯能セポジータスが勝利したこのカードは朝10時より埼玉スタジアム第4グラウンドで行われた。

 アヴェントゥーラ川口は埼玉県川口市よりJを目指すクラブチーム。川口市には関東大学リーグなどの公式戦でも使用される「川口市青木町運動公園陸上競技場」が存在しているが、この競技場での公式戦開催が一つの目標となる。
 クラブはNPO法人によって運営されており、選手の家族の他に熱心なサポーターが毎試合駆けつける。大事な一戦となるこの日の試合では50名余のファンが声援を送った。

 一方の飯能セポジータスは飯能南高校の卒業生が主力となるOBチーム。熱い監督のもと関東社会人への切符を目指す。


 試合は序盤から追う立場の飯能セポジータスが攻勢へ出る。動きの硬いアヴェントゥーラ川口を押し込み、前半15分に左サイドから澤田秀一が先制点を奪うと、前半15分には藤本慎一郎のFKから小此木貴博が合わせて追加点。
 開始早々に2点のリードを奪われたアヴェントゥーラ川口は高いDFラインの裏を狙われ、前半21分にGK吉永悠太との一対一のピンチを招く。吉永はこの場面で相手を倒し、決定機阻止で一発退場を受ける。
 ファールがペナルティーエリア外だったためにPKとはならなかったが、前半半ばで2点差と10名というビハインドを背負ったアヴェントゥーラ川口の関東社会人サッカー大会出場権は一気に遠ざかった。

 このアヴェントゥーラ川口の危機を救ったのは途中交代のGK、野口桂佑。172cmと小柄だが反応に優れる野口はその後訪れた飯能セポジータスのシュートを尽く弾きゴールを死守。安定感では吉永に譲るもピンチで強さを見せた野口のセービングもあり、守備が安定したアヴェントゥーラ川口は前半を無失点でしのぐ。
 すると前半43分に飯能セポジータスが自陣ゴール前でDFとGKが意思疎通を欠き、不用意なパスをアヴェントゥーラ川口のFW大谷昌宏が詰めて1点を返す。
 前節の狭山アゼィリア戦でも同じようなミスから失点した飯能セポジータスにとって、この失点は前半終了間際という以上に悪い流れを引き込んだ。

 2−1で折り返した後半はアヴェントゥーラ川口が1人少ないとは思わせない思い切りのよい攻撃で徐々にリズムを作ると、後半16分、24分と立て続けに3名の選手交代を行い、勝負をかける。
 後半28分、途中交代の森山裕がワン・ツーから相手DFラインを抜け出して同点ゴールを決める。ビハインドをものともせず同点に追いついたアヴェントゥーラ川口は直後の後半30分、島根潤がゴールを決めて逆転に成功。
 その後も勢いに乗るアヴェントゥーラ川口は1人多い飯能セポジータスと互角に渡り合い、後半36分には右サイドバックの木野村公昭がオーバーラップからミドルシュートを叩き込み試合を決定づける。

 試合はそのまま2−4で終了。ゴール裏に陣取るサポーターと歓喜を爆発させた。
 エース熊谷和也の累積警告による出場停止。2点差。10名での試合。といったビハインドも全て筋書き通りだったのではないかと思わせる見事な逆転勝利だった。


 だが、この勝利によってチームが得たものは埼玉4位としての関東社会人サッカー大会の出場権のみ。Jを目指すという看板を掲げるクラブにとって、ゴールはいまだ遠い。
 スカウティングがままならない関東社会人サッカー大会は如何に自分達のスタイルが出来ているかが問われる。
 2回戦と準決勝の間に1週間あるという日程。その日その日によって変わる会場。審判の判定。関東社会人サッカー大会はチーム力の他にクラブとしての底力、さらには「勢い」も求められる。

 この日、アヴェントゥーラ川口のゴール裏には都県リーグの枠を超える数のサポーターが訪れた。この試合のように気持ちのこもった試合を続けていければ、サポーターも今以上の盛り上がりを見せるだろう。
 都県リーグ屈指の熱いサポーターの応援をどこまでチームの「勢い」と出来るのか?サポーターと共に盛り上がりを作れた時、アヴェントゥーラ川口の関東リーグ2部昇格が見えてくる。

(文・北沢耕一)

IMG_023.jpg
埼玉スタジアム2002第4グラウンドで行われた埼玉県1部。
このピラミッドの頂点に、あのスタジアムが君臨する。(写真・北沢耕一)
posted by 3rdFlightFootball at 01:40 | TrackBack(2) | 都道府県リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108140885

この記事へのトラックバック

すぐオッキwwww
Excerpt: サイト見て興味あったから、工口ゲ買いに行くついでに見せてきた(`・ω・´) 結局盛り上がっておしゃぶりしてもらったんだけど7マソ貰えてビビったwww 工口ゲ代だけ貰うつもりだったのにプラスになりすぎて..
Weblog: こけし
Tracked: 2008-10-18 15:03

試写室にてwww
Excerpt: お互い家でするのは嫌だし、ホテルってベタだし・・・試写室でヤってきたww スリルあるし密室感あるし普通よりスンゲー興奮したwwwwww 女もスゲエ濡れ濡れで何回もイってたしw おかげで10マソも貰えた..
Weblog: 暴走
Tracked: 2008-10-24 21:24
Copyright © 2008 3rd Flight Football Web.All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。