2009年02月23日

034【東京カップ】「出港、即座礁(byTBFCオーナー)」(東京カップEブロック準々決勝/2月22日/鶴牧SC vs. 東京ベイFC/旧秋川高校)

 次はフエンテ、決勝で早稲田ユナイテッドだろう──。そんな皮算用が東京ベイFC「クルー(スタッフにしてファン。クラブと運命を共にする者)」たちの脳裏に渦巻いていた。甘かった。フエンテですら、10人になった相手に3点差を追いついた末のPK戦による辛勝である。カップ戦は、サッカーは、そんなに甘いもんじゃない。
 今シーズンの大事な緒戦。しかしシードの東京ベイFCにとっては緒戦でも、鶴牧SCにとってはそうではない。彼らは11日前に同じ旧秋川高校のグラウンドで東京カップEブロックの二回戦をこなしている。それに鶴牧SCは2部の、そして多摩の強豪である。カテゴリーはひとつ下でも、決して弱者ではない。
 ひとことでいえば油断があった。

 前半の鶴牧SCはひどい出来だった。パスはつながらずラインをわり、競り負ける。ディフェンスがあたふたする。ぬかるんだピッチを計算に入れて球離れを早くした東京ベイFCはロングボールでペースをつかむ。12分と18分にゴールを決めて早々と2-0でリード。さすがにそれまで慎重だった鶴牧SCも攻めに転じ、幾度となく決定機を作るがゴールを割れず。
 試合はメンバー交代のないまま後半へ。大会規定で35分ハーフということもあってか、ハーフタイムも若干駆け足だった。20分間はクロスとセットプレーで東京ベイFCに決定機が多かったが、23分、鶴牧SCが左サイドから攻め、つまり東京ベイFCの右サイドを攻略して1点を返す。ここからは鶴牧が押せ押せだった。27分に元佐川急便東京SCの尾林陽介が途中交替で出場。中盤のセンターで、やはり元佐川東京の戸田有悟とコンビを組んだ。しかし右サイドの決壊現象は解消されなかった。それまで中盤のセンターにいた沖本惇壮が右サイドへ。サイドバック鈴木洵也と右の布陣を形成したが、結局このポジションチェンジだけでは鶴牧SCの勢いを受け止め切れなかったことになるのだろう。
 28分に鶴牧SCが再び左サイドからのゴールで追いつき、ペースを握ったままタイムアップ。余裕綽々の鶴牧SCは一度もPKを外さず、逆に顔色を失った東京ベイFCはふたりが外し、勝負は決した。
 元年代別日本代表、Jリーガー、JFLプレーヤーを抱え、関東リーグ昇格を狙う。そんな名の知れたチームが、東京カップの緒戦で敗れた。天皇杯と同時に全社への道も断たれた。赤っ恥もいいところである。

 しかしこれがサッカーだ。ぬかるんだピッチ、不安定なジャッジ。その条件は相手にとっても同じことだ。でも気にしすぎたのはどちらだったか。
 35分ハーフ。後半20分まで2-0でリードしていたら、ゲームを閉じにかかるのはまっとうな判断だ。だが閉じきれず、カップ戦で格上と戦う機会を失った。リーグ戦までの期間をどう過ごすのか。実戦経験は確実に少なくなる。
「出港、即座礁」
 敗戦後、クルーのひとり、通称「オーナー」が呟いた。座礁した船を、なんとかして沖合いに出さなくてはならない。クラブ史上初の挫折。損失はちいさくない。

 プライドを取り戻すには、リーグ戦で結果を残すしかない。

(文・後藤勝)
posted by 3rdFlightFootball at 22:02 | TrackBack(4) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

033【学生】「流通経済大学プロクラブ入団選手囲み取材」(流通経済大学サッカー部員Jリーグ及びKリーグ入団報告会/01月31日/東京都内のホテル)

先日につづき、囲み取材のコメントを掲載する。

池田圭(サガン鳥栖)

──鳥栖は藤田祥史がいなくなってFWが弱体化したといわれる。その評価への反発はあるか。

「背番号が25番なので藤田さんのことはよく話題に上ります。周囲の期待もあると思いますが、しっかり結果を出せば、そういう声もなくなっていくのかな、と。自分は自分らしくありたいという思いもあります。結果を残す選手になることが大切です」

──点数が求められる。

「そうですね、点を取ってナンボなので、FWは。外国人も出場するので、出た時間の長さに関係なく点を取る選手になりたい」

──自分のポリシーとして得点にこだわる?

「出た試合では必ず1点以上を取る。いままで以上に結果を求められる環境だし、ポジションであると思うので」

──鳥栖はFWにも守備のタスクがあってたいへんですね。

「いまも合宿でやっているんですけど、ファーストディフェンダーあっての鳥栖のプレースタイルなので、絶対的に運動量が必要であり、それができるだけの体づくりが大切です。その作業は地味だと思いますが、地味なことがあとで自分に跳ね返ってくるので。ちいさな積み重ねを、ひとつひとつ大切にしていかないといけないと思います」

──結果を残さないといけない。でもそれができるように、焦らず、段階を踏んで強化することが大事?

「ぼくはそういうふうに考えています。すぐ出られるんじゃないかと周りはみているかもしれませんが、出るための準備が大切になってくると思います。いまの状態ですぐ年間20何点も取れると思っていませんし、20点以上を取るために段階をおって準備していくことを心がけているので。鳥栖というチームはそれができると感じています。地味な作業ですけど、繰り返していきたいです」


山下訓広、西弘則(ロアッソ熊本)

──これまでの大学四年間で対戦してきた日本代表やJ1のクラブチームに比べると、J2のロアッソ熊本は若干戦力が落ちると思いますが、しかしそう甘くはないはず。どうしたらレギュラーの座をつかめると思いますか?

山下「熊本はJ2の下位ということで、出られる可能性が高いという見方もあるかもしれませんが、実際に入ったらそんなことはなくて。個人個人で考え方がしっかりしているし、すごく勉強になる部分がある。カンタンに出られるかと言ったら、そんな話では全然ない。まだまだと思っているので、努力しないといけない。ほんとう、自分はヘディングが武器で、そこだけは負けない自信があるので、前面に出したいです。足りない部分を学べる選手はたくさんいるので。いろいろ話を聞かせてもらって、経験を急襲して自分を高めていけたらな、と思います」
西「ここ数日間、熊本の練習に参加して思ったんですが、みんな走れますね。それにやっぱり巧い。でも自分の特徴であるドリブルでチームにアクセントをつけられると思うんです。まずは試合に出られるように、先輩方のいいところを学びたい」

──藤田俊哉選手とか、30歳以上のベテランがいますから。

山下「そうですね、年齢層が全体的に若くなったところに藤田さんが入ってきましたから。もう別世界の人というくらいに経験地の差があるので、まあ、まだいっしょにプレーしていないですけど、何が学べるのかすごく楽しみです」
西「やっぱりベテランの選手からは学ぶことがたくさんありますから。吸収していければいいと思います」

──ところでお住まいは。

西「ぼくは実家がKKウイングに近いんですよ」

──じゃあ、順応性はバッチリですね。

西「うまくやっていけると思います」

──山下選手は西選手と行動をいっしょに?

山下「はい、自分はまだ車を持っていないので。お迎えをしてもらっています」


宮崎智彦(鹿島アントラーズ)

──いまはそうでもないと思うんですが、かつては入団一年目の選手を公式戦には出さないという不文律が鹿島アントラーズにはありました。換言すれば、じっくりと鍛えてくれるということでもあるのですが、焦らずに力を伸ばしたいという気持ちもありますか?

「一年目が勝負と言いますけど、何年か経過して、はじめて出てくる自分のよさもあると思います。いられればいられるだけ、鹿島で長い間プレーしたいと思っています」

──代表は視野に?

「そうですね、やっぱりまずはチームで結果を残して。そのうえで代表に選ばれると思うので。まずはチームで活躍することを前提にがんばります」

(文・後藤勝)
posted by 3rdFlightFootball at 23:44 | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

032【学生】「流通経済大学サッカー部員コメント」(流通経済大学サッカー部員Jリーグ及びKリーグ入団報告会/01月31日/東京都内のホテル)

1月31日に行われた流通経済大学サッカー部のプロクラブ入団報告会見の続報をお届けする。
報告会見の壇上には流通経済大学の小池田冨男学長、同サッカー部の中野雄二監督と、Jクラブに入団する11人が並んだ。概略説明と選手からの決意表明ののち質疑応答と撮影が行われ、会見は30分で終了。その後、各選手に対する囲み取材が行われた。私から選手全員への質問は「今冬の厳しい移籍市場において獲得した大卒選手ということで、各クラブともみなさんを即戦力として期待していると思うが、その期待にどう応えようというつもりなのか」。回答は以下のとおりである。

MF 三門雄大
「大学を卒業してJリーグへ行くからには、本当に即戦力として考えられていると思う。Jリーグのフィジカルの強さ、スピードの速さに対応できるよう、足りない部分を補わないといけない。高卒とちがってリーダーシップをとれる選手が大卒には多いと思う。どんどん声を出してチームを引っ張っていけば結果を残せると思います」
DF 染谷悠太
「厳しい世界に身を投じているのはハナからわかっていることなので、そこで生き残っていくために日々の過ごし方が大切だと思う。人の倍努力して、足りないところを補いたい。結果を残してチームの顔になれば、おのずと上に上がっていけると思う。いつも努力を念頭に置いてやっていきます」
MF 平木良樹
「そんなにプレッシャーは感じていないんですが、もちろん厳しい世界であることは確かです。常に張り詰めた状態だと、肉体的にも精神的にも影響があると思うので、いち早くチームに溶け込むことが大切です。そして応援していただいているファン、サポーターのみなさんに感動を与えられるサッカーをできるように、心がけたいです」
DF 宮崎智彦
「私生活からトレーニングまで、一日一日を大切にやっていきたいと思います」
MF 楠瀬章仁
「サッカーの面では極端な実力差を感じないと思う。サッカーのときはしっかり百%のプレーを見せてアピールするとして、やはり私生活が大事です。しっかりサッカーに集中できるような生活をしていきたいと思います」
DF 山下訓広
「即戦力と言われたからといって、すぐに試合に出られるとは考えていません。自分のストロングポイントであるヘディングを全面に出して、ここだけは負けないという気持ちでプレーしたい。弱いところプレーをするうちに少しずつ補えていけたらと思います」
DF 加藤広樹
「一日一日の生活を大事にしたい。サッカーも私生活も、両面においてしっかりできれば、よいほうに転がると思います」
DF 保崎淳
「日々、練習から百%のプレーをしていれば、必ずチャンスは来ると思う。そのときにいつものプレーができればポジションをつかめる。チャンスを逃がさないよう、厳しくやっていけば問題ないと思います」
FW 池田圭
「やっぱり、プロの世界では結果を出すことがいちばん大切だと思います。短い時間でしっかり結果を出すためにも、日々の練習、ひとつひとつの練習や私生活の取り組みに気をつけ、考えていきたい」
MF 西弘則
「プロという厳しい世界に入ったわけですが、やはり自分は自分のプレーをするだけです。長所を伸ばし、認めてもらえるように努力したいと思います」
GK 椎名一馬
「どんなチームでも苦しいときやたいへんなときがある。そういうときに信頼できる選手じゃないと、ゴールキーパーはダメだと思います。しっかり盛り上げて、苦しい状況を乗り越えられるよう、自分が先頭に立ってやっていきたいと思います」

明日は囲み取材の様子ほかをアップ予定です。

(文・後藤勝)
posted by 3rdFlightFootball at 10:19 | TrackBack(1) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

031【学生】「流通経済大学プロクラブ入団選手リスト」(流通経済大学サッカー部員Jリーグ及びKリーグ入団報告会/01月31日/東京都内のホテル)

去る1月31日、流通経済大学サッカー部員13名の、プロサッカークラブへの入団報告会見が行われた。Jリーグクラブ11名、Kリーグクラブ2名。一年生の林相協を除く12名は四年生。ほか、JFLでセミプロまたは社員契約に成功した選手が5名。ここではJ、Kへの進路を選択した13名のリストを掲載する。後日選手コメントなどレポートを掲載予定。

MF 三門雄大(みかどゆうた)/174cm68kg/1986年12月26日生まれ/前所属:流通経済大学付属柏高校/アルビレックス新潟入団
DF 染谷悠太(そめやゆうた)/183cm71kg/1986年9月30日生まれ/前所属:FC東京U-18/京都サンガF.C.入団
MF 平木良樹(ひらきよしき)/173cm67kg/1986年10月17日生まれ/前所属:流通経済大学付属柏高校/名古屋グランパス入団
DF 宮崎智彦(みやざきともひこ)/170cm65kg/1986年11月21日生まれ/前所属:FC東京U-18/鹿島アントラーズ入団
MF 楠瀬章仁(くすのせあきひと)/171cm61kg/1986年12月4日生まれ/前所属:高知小津高校/ヴィッセル神戸入団
DF 山下訓広(やましたくにひろ)/182cm82kg/1986年5月29日生まれ/前所属:流通経済大学付属柏高校/ロアッソ熊本入団
DF 加藤広樹(かとうひろき)/191cm81kg/1986年7月31日生まれ/前所属:横浜F・マリノスユース/水戸ホーリーホック入団
DF 保崎淳(ほざきすなお)/173cm66kg/1986年3月14日生まれ/前所属:横浜F・マリノスユース/水戸ホーリーホック入団
FW 池田圭(いけだけい)/178cm72kg/1986年10月20日生まれ/前所属:流通経済大学付属柏高校/サガン鳥栖入団
MF 西弘則(にしひろのり)/168cm58kg/1987年2月25日生まれ/前所属:熊本国府高校/ロアッソ熊本入団
GK 椎名一馬(しいなかずま)/178cm70kg/1986年8月25日生まれ/前所属:流通経済大学付属柏高校/ファジアーノ岡山入団
DF 徐 錫元(ソウソクウォン)/192cm85kg/1985年5月19日生まれ/前所属:流通経済大学付属柏高校/城南一和入団
FW 林 相協(イムサンヒョプ)/180cm74kg/1988年7月8日生まれ/前所属:チャンフン高校(韓国)/全北現代入団

(文・後藤勝)
posted by 3rdFlightFootball at 14:55 | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 2008 3rd Flight Football Web.All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。